名古屋・オステオパシー/愛知・昭和区・瑞穂区・桜山・御器所/口コミ・くちこみ/治療院・整体・カイロプラクティック/痛み・症状/腰痛・肩こり・頭痛・ヘルニア・妊婦・産後・不妊症・逆子・ムチウチ・発達障害

052-838-5960
月~金 9:00~19:30
土 9:00~17:30
日曜+臨時休院日(研究会都合)
※開院日程は下段のカレンダーをご覧下さい。
ご予約・お問い合わせページへ
WEBからは24時間受付。
※お急ぎの方はお電話下さい。
改善が見込める症例一覧
みなさまからの声
院長コラム
よくある質問
オステオパシー日記 健和トータルケア院長ブログ
リンク
オステオパシーとは? 改善が見込める症例一覧 改善が見込める症例一覧 オステオパシーはこのような方に特にお勧め致します。 オステオパシーはこのような方に特にお勧め致します。
医師の診断を受けたが原因が良く分からない。
様々な治療法を試したがなかなか良くならない。
“もう改善しない”とあきらめかけている。
痛みや不調から早く解放されたいと思っている。
より良い健康な状態を求めている。
オステオパシーの適応範囲
オステオパシーの適応範囲
オステオパシー施術では、どんな症状やお悩みであっても必ず、身体全身を視野に問題を探りだし、それを取り除くことで全身の調和を取り戻し、自然治癒力を高めます。ですので、何か特定の症状にだけ適応されるものではありません。

勿論、特定の禁忌症やすぐにでも医療機関に紹介すべき事例もございます。

禁忌症の例:➀腹膜炎など急性の炎症性疾患が疑われるケース。⓶結核などの感染症が疑われるケース。➂複雑骨折などの急性の外傷性疾患が疑われるケース。➂脳動脈瘤など血管障害が疑われるケース。⓸心筋梗塞など急を要する循環器疾患が疑われるケース。

基本的に、オステオパシーは慢性的な症状に広く適応できます。

運動器系
関節痛全般、腰痛、肩こり、首や背中の痛み、寝違え、膝の痛み(オスグッドなど含む)、むちうち症、スポーツ障害、
股関節痛(変形性股関節症、先天性股関節脱臼など含む)、恥骨痛、尾骨痛、肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)、骨格の歪み、 骨盤の歪み、腱鞘炎、顎関節症、恥骨痛、尾骨痛、コンパートメント症候群、バネ指、ガングリオン、捻挫・骨折後の症状の軽減(慢性期) など
神経系
椎間板ヘルニアによる痺れ症状(頸椎・腰椎)、坐骨神経痛、頭痛、めまい、耳鳴り、手足の痺れ、歯の痛み、 頸肩腕症候群、胸郭出口症候群、肋間神経痛、三叉神経痛、自律神経失調、更年期障害、不眠、頭ののぼせ、原因不明の不定愁訴 など
呼吸器系・循環器系・血管系
風邪、鼻炎、気管支炎、喘息、睡眠時無呼吸症候群、動悸、脳血管障害後のケア(慢性期)など
消化器系
便秘、下痢、胃の痛み・むかつき、腹部膨満感、逆流性食道炎、過敏性腸炎、胆嚢痛、吃逆(しゃっくり) など
代謝系・内分泌系・脳脊髄液系
高血圧、肝機能障害・甲状腺機能障害・糖尿病・痛風など慢性疾患のケア、脳脊髄液減少症などの不定愁訴 など
泌尿器系
頻尿、尿失禁、むくみ、膀胱炎などを慢性的に繰り返す場合 など
婦人科系
不妊、生理痛、生理不順、月経前症候群、無月経症候群、更年期障害、子宮筋腫、卵巣嚢腫 など
産科系
スムーズな出産のための安産ケア(マタニティケア)、逆子、妊娠中の諸症状(腰痛、恥骨痛、尾骨痛、股関節痛など)、
産後の諸症状(腰痛などの他、頭痛、めまい、手の痺れなども含む)、産後太り、骨盤矯正 など
小児科系
ADHD(注意欠陥多動性障害)・自閉症スペクトラムなど発達障害と診断された小児の発達支援、てんかん、脳性麻痺、赤ちゃん(新生児含む)の向き癖、赤ちゃんの吐き戻し、斜頭、夜尿症、小児喘息、オスグッドなど成長に関わる症状 など
手術・骨折後などの自然療法的ケア
内臓関連の手術後の不定愁訴(慢性期)、手術を含めた骨折後の不定愁訴(慢性期)、脳血管障害による後遺症(慢性期) など
アレルギー・自己免疫疾患系
花粉症・アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、関節リウマチ など
姿勢・先天的なものも含めた構造異常に関するお悩み
側弯症・先天性股関節脱臼・臼蓋形成不全など構造異常に由来する症状、猫背、モートン病、外反母趾・内反小趾による痛み、 骨盤矯正、反張膝、産後太り など
より健康になるための予防的ケア
免疫力の向上、スポーツ能力の向上、睡眠の質の向上、過度な労働の疲労の緩和 など
日本において、オステオパシーはあくまで医療にとってかわるものではなく、補完的・代替的な自然療法としての役割を担うものです。医学的な『診断』を求めている場合や、命に関わる様な急性期症状がある場合はまず、医療機関にて医師の診断を仰ぐことをお勧め致します。
オステオパシーとは? オステオパシーの歴史 オステオパシーの考え方
オステオパシー トピックスオステオパシー トピックス
オステオパシーは、身体の構造と機能を全人的に働きかけることを主眼としている為、
特定の痛み症状だけを施術の対象としている訳ではございません。
以下では、一般的な症状以外にオステオパシーがお役に立てる事があるケースを、トピック毎に紹介しています。
椎間板ヘルニア(腰椎・頸椎)に対するオステオパシー
椎間板ヘルニア(腰椎・頸椎)に対するオステオパシー
椎間板ヘルニア(腰椎・頸椎)に対するオステオパシー 椎間板ヘルニア(腰椎・頸椎)に対するオステオパシー 整形外科などでは、四肢(腕や足)の特定の痺れ症状がある際に画像検査などで、特定の部位の椎間板ヘルニア(髄核の飛び出し)が原因で、痺れ症状が起きていると診断されることが多々ございます。しかし、実際は椎間板ヘルニアが起きていたとしても痺れ症状が起きない人が多数いるということが、ランダムな画像検査による調査で解っています。

本当に椎間板ヘルニアだけが原因で慢性的な痺れ症状を起こしているのなら、論理的に考えれば、同様な構造的異常がある方は、同じ様に痺れ症状を起こしていないとおかしいということになります。当院の施術者は、椎間板ヘルニアと診断された方の多くは、実際はヘルニアだけが原因で症状を起こしているのではないと考えています。

また、ヘルニアが認められるままでも痺れ症状が消失する事例がございます。施術によって痺れ症状が消失した後に画像検査を再度受けても、画像上はヘルニアが変わらず存在するという事例もございます。実際には、椎間板ヘルニアと診断された方の多くは、ヘルニアを起している部位だけの問題ではなく、内臓の膜の緊張や全身的な緊張が引き金となって強い痺れ症状を経験している可能性がございます。なお、当院で痺れ症状が消失した方には、医療機関にて手術を勧められていた方も含みます。

特に、腰椎ヘルニアの場合そうした傾向が顕著です。
不妊・妊活のためのオステオパシー
不妊・妊活のためのオステオパシー
不妊・妊活のためのオステオパシー 不妊・妊活のためのオステオパシー オステオパシーには、婦人科を含めた内臓領域や内分泌系(ホルモン系)に対する専門的アプローチがございます。実際に、産婦人科などで不妊症の診断を受け、長年不妊治療をしていた方でも、オステオパシー施術を受けた後に自然妊娠が認められることがございます。

また、オステオパシーでは、不妊というお悩みだったとしても、必ず、全身を視野に入れて施術を行います。時には、婦人科(卵管、卵巣、子宮やそれと関係する骨格、筋膜、靭帯、血管など)だけでなく、腸の緊張や腎臓などの他の臓器、頭蓋の内分泌と関連する部位(下垂体や視床下部など)に施術した後、改善がみられることも少なくありません。また、病院における不妊治療で芳しい成果が上がらなかった方が、オステオパシー施術を受けた後、人工授精や体外受精が初めて成功したという例もございます。

もちろん、数回の施術や比較的早期に妊娠が認められる場合もあれば、ある程度時間を要した後に妊娠が認められるということもございます。また、妊娠という事には、その方の年齢、婦人科にまつわる器質的な疾患の有無(子宮筋腫、卵巣脳腫、以前に何らかの婦人科の手術を受けたなど)、男性側の精子の状態、夫婦間の遺伝的相性など、様々な要因が関わっているので、全ての方がオステオパシー施術によって良い結果が得られる訳ではありません。

しかし、病院におけるホルモン療法などを含めた不妊治療に比べ身体に対する負担も少なく、人体の自然治癒力に働きかけるアプローチをしておりますので、補完的、代替的にオステオパシーをお試し頂くのは有意義であると言えます。また、オステオパシーには副作用がございませんので、医療機関における不妊治療と並行してオステオパシー施術を受けても全く問題はございません。
妊婦さんの諸症状、安産支援のためのオステオパシー
妊婦さんの諸症状、安産支援のためのオステオパシー
妊婦さんの諸症状、安産支援のためのオステオパシー 妊婦さんの諸症状、安産支援のためのオステオパシー オステオパシーでは、出産をスムーズに行うための安産支援に関して19世紀から関心が持たれていました。というのも、オステオパシーの創始者であるスティル博士は、産科の医師でもあり、この時代の妊婦さんはまだ自宅で産む時代なので、スティル博士はそこに出向いていっては自然な出産を支援していたのです。そうした事もあり、オステオパシーにおける産科学に対する関心は、非常に高いものがあります。

当院では妊娠中の腰痛や恥骨痛などの痛み症状の緩和は元より、出産をなるべくスムーズに自然出産で行えるよう、妊婦さんに対する安産支援も行っており、そのための専門的な知識と経験がございます。実際に、当院の施術者の妻と子供に対しても妊娠中にオステオパシー施術をして、第一子は初産で陣痛が来てから4時間半で出産しています。第二子は経産婦で陣痛が来てから2時間で出産しています。

また、妊娠中に当院に来院されていた方も、産科医や助産師に驚かれるほどスムーズに出産されている方がおられます。【みなさまからの声にも複数体験談を掲載しております。】とはいえ、その方の年齢や心身の状態により、必ずしもスムーズな自然出産に至らないことも当然ありますが、特に、妊娠中に何らかの痛み症状などがある場合は、オステオパシーにより症状を早期に軽減し、出産に際するリスクを減らすことは生まれてくるお子様にとっても有意義であると言えます。また、逆子などで帝王切開を予定していた方が、オステオパシー施術後に逆子が改善したという事例もございます。
赤ちゃんのためのオステオパシー
赤ちゃんのためのオステオパシー
赤ちゃんのためのオステオパシー 赤ちゃんのためのオステオパシーオステオパシーでは、赤ちゃんに対する専門的な施術の方法論がございます。
特に、出生にまつわる諸問題について、オステオパスは様々な洞察を得ており、当院の施術者も赤ちゃんのための施術を行っています。

特に、出産に長時間かかったケース、吸引分娩・鉗子分娩・緊急の帝王切開など医療的介入を伴って出産されたケース、臍の緒が首に絡まっていた、産声を上げなかったなど、出生の際の何らかの経験がその後の赤ちゃんの発達に関与していることがオステオパシーの臨床や研究でも分かっています。こうしたことを、『出生トラウマ』という言葉で表現します。また、当院の施術者は、赤ちゃん施術のための知識と技術を、カナダ・ドイツ・スイスなどの計9校のオステオパシー・カレッジの理事長を務めていらっしゃる、フィリップ・ドゥリュエルD.O.という小児科のエキスパートの方から専門的教育を受けています。

例えば斜頭(頭の形が不均等)であったり、極端な向き癖、脳性麻痺、度々母乳を吐き戻すなどの問題を抱える赤ちゃんに対し、非常に安全で危険性の無い方法で、そうした症状や傾向を早期に改善し、その後の赤ちゃんの脳の発達や運動における発達を支援するということがオステオパシーでは行われてきました。

赤ちゃんに施術をするというと抵抗のあるお母さんもおられるかもしれませんが、当院の施術者は赤ちゃんに対するソフトで安全な施術の方法論に関して熟知したうえで行っておりますので、ご安心下さい。
発達に関わる小児科系オステオパシー
発達に関わる小児科系オステオパシー
多動など発達に関わる小児科系オステオパシー 多動など発達に関わる小児科系オステオパシー 上記の赤ちゃんのためのオステオパシー(主に出生トラウマに関する事)と共に、オステオパシーでは小児の発達に関して施術後に変化が起きる事があるということも確認されてきました。実際に、ADHD(注意欠陥多動性障害・多動症)、自閉症スペクトラムなどの『発達障害』と医師に診断された小児や、脳性麻痺、てんかんなどをお持ちのお子様に対し、オステオパシー施術の後に、行動や言動やてんかん発作などに変化が起きることがございます。

これは、『赤ちゃんのためのオステオパシー』でも少し述べましたが、小児の発達には母胎内にいた時の経験や『出生トラウマ』がその後の性格形成などに関与していることが多々あり、発達障害(施術者自身、発達障害という言葉は嫌いですが・・・。)という診断を下されたお子様の身体を調べてみると、非常に強い頭蓋の緊張や、脳に対する圧迫などが認められることがございます。

実際に、オステオパシー施術によって、そうした身体の構造的緊張を緩解すると、発達障害という診断を受けていたお子様でも、行動が落ち着いたり、言動が変わったという事例がございます。また、海外では小児の発達支援に特化したオステオパシー院もあり、発達に関する小児科オステオパシーは世界的に広く認知されております。【院長コラムでも、参考になる記事を掲載しています。】

もし、お子様の発達に関してお悩みがある場合、全てのケースとは言いませんが、オステオパシーが寄与できることがございます。
また、明らかな出生トラウマがある小児においてオステオパシーは特にお役に立てると言えます。
外傷後の不定愁訴改善のためのオステオパシー(ムチウチ、交通事故、転倒事故、スポーツ障害など)
外傷後の不定愁訴改善のためのオステオパシー(ムチウチ、交通事故、転倒事故、スポーツ障害など)
ムチウチや交通事故後の外傷系のオステオパシー ムチウチや交通事故後の外傷系のオステオパシー オステオパシーでは、交通事故やスポーツ障害などの特定の衝撃が入った後の不定愁訴に関して、非常に緻密な施術の方法論がございます。特に、ムチウチなどを経験した後、めまいが止まらない、頸の痛みがおさまらないなどの症状でも、その症状が起きている部位自体だけではなく、全身的な緊張のパターンを診て、長年解消されなかった症状が緩和されるということがございます。

ムチウチなどでは特に、頭蓋から骨盤の中心の仙骨まで続く硬膜という硬い膜が緊張し、なおかつ頭蓋内の廃液(本来還流しなければいけない液)の流れが極端に悪くなっているケースがございます。

時折、強い事故後に経験した症状が、病院で首を牽引しても、どんな療法を受けても緩和されないため、「一生改善しない。」とあきらめている方がおられますが、それは局所的な痛み症状だけに囚われて、全身的な身体の緊張自体を緩和できていないためであると、当院では考えています。

実際に、事故後に何年も慢性的に続く症状でも、オステオパシーの緻密な検査と方法論で解消している方がおられます。
こうしたことは、野球肘などのスポーツ由来の症状やスポーツ中に負った外傷にも共通して言えることです。
花粉症などのアレルギー症状に対するオステオパシー
花粉症などのアレルギー症状に対するオステオパシー
花粉症などのアレルギー症状に対するオステオパシー 花粉症などのアレルギー症状に対するオステオパシー あまり知られていないことですが、花粉症などのアレルギー症状に関しまして、オステオパシー施術後に改善することがございます。その理由はいくつかありますが、こうしたアレルギー症状がある方に関しては、内臓領域での構造的異常が関与していることが多々ございます。

体験談にも複数の方がオステオパシー施術後に鼻ずまりや花粉症が改善したと書かれている方がおられますが、こうした方に関しては、アレルギーと関連する内臓領域でのオステオパシー施術を行っています。
(どういうことをするという詳細はここでは書けませんが・・・。)

もちろん、アレルギーに関しては食生活や腸内環境の良し悪しも深く関与しておりますが、決してそれだけが原因とは言えない兆候が存在します。もし、花粉症などのアレルギー症状に悩んでおられるなら、オステオパシー施術が寄与できる場合がございます。ただし、あまりにも食生活や生活習慣が繰り返しアレルギーを引き起こす原因になっていて、それが長期化している成人の場合は1~2度の施術ですんなり良くなるという事は少ないです。生活習慣が長年に渡り強く関与していない小児などですと、施術したその場でアレルギー症状が緩和する事もございます。

また、当院では食生活に関するアドバイスも並行して行っております。
オステオパシーとは? オステオパシーの歴史 オステオパシーの考え方

PAGE TOP