名古屋・オステオパシー/愛知・昭和区・瑞穂区・桜山・御器所/口コミ・くちこみ/治療院・整体・カイロプラクティック/痛み・症状/腰痛・肩こり・頭痛・ヘルニア・妊婦・産後・不妊症・逆子・ムチウチ・発達障害

052-838-5960
月~土 9:00~17:00
日曜・臨時休院日【研究会都合】
※詳しくはカレンダーでご確認下さい。
ご予約・お問い合わせページへ
WEBからは24時間受付。
※お急ぎの方はお電話下さい。
改善が見込める症例一覧
みなさまからの声
院長コラム
よくある質問
オステオパシー日記 健和トータルケア院長ブログ
リンク
The Fascia 筋膜 第2部 2012年2月出席
2014年9月3日 水曜日
講師紹介 セルジュ・パオレッティSerge PaolettiD.O.,MRO

b0120988_1718355[1]1983年      ESO卒業
1984~1992年  J.P.Barral D.O.と一緒に内臓セミナーを講義
1985~1990年  ESOで教師(イギリス)
1986~1992年  CIDOで教師
1993~1998年  WSOで教師(ウィーン)
2000年~     COFで教師(パリ)
2001~2006年  OSDで教師(ドイツ)
2002~2006年  CSOで教師(ローマ)
2001年~     セント・ペテルスブルグ医科大学のオステオパシー学校の教師。
         ロシアのオステオパシー専門誌:オステオパシー・ジャーナルの主筆
2003年~     シャンベリーの身障児・恵まれない子供たちのためのオステオパシー
         クリニックDONEの院長
         WOF会長

 

施術者コメント

 今回のテーマは、2011年8月の研究会に引き続き、 筋膜というオステオパシーにおいて根幹ともいえるべきテーマで、さらに発展させた内容でありました。
今回の研究会を受けてみて、全くもって、 今まで漠然と施術者が体験してきたことが、オステオパシーの研究においても科学的に確認されてきたということを、 聞き及んできました。

今回の研究会で非常に興味深かったのは、 事故などの外傷的なトラウマだけでなく、 人の精神的なトラウマや感情的な滞りが 何らかの症状を引き起こす原因となりうるということや、もっと言うと、魂や霊的なことをも、
オステオパシー施術における治療の対象になるということなど、 非常にセンセーショナルな内容でした。

こういうことを言うといぶかしがる方や拒否反応を起こす方もおられるかもしれませんが、 確かに、実際の治療の現場でも、 人の体というのは肉体的な、物理的な体だけではなく、 電磁気的、もしくは生命エネルギーと言ってもいいようなものをもっており、その生命エネルギー自体に治療を加えることで、 実際の症状が緩和されることもありうるんですね。

今回の研究会における内容については、なかなか理解されにくいところもあると思いますのでここでは詳しくは述べませんが、 私としては、以前からこういうことを知っていただけに、それが科学的にも根拠のあることであるということが、 今回の研究会において収穫となった、最大のものかもしれません。

それは、バイオフォトンという言葉で言い表せるかもしれませんし、 気と言っても、オーラと言っても間違いではないでしょう・・・。もしかすると、魂やスピリットと言っても良いかもしれません。

次の時代の医療においても、あと10年、20年すれば、そうしたことが当たり前になる可能性は、あると思います・・・。

パオレッテイD.O.の研究は、非常に難解なところも多く、また、その研究も最先端であるため、 話についていくのが大変なところもありますが、 今回の研究会は私にとっては非常によく知っていることの確認である部分が多かったとも思います。 非常に実りの多い研究会で、感動的な研究会でした。

PAGE TOP